Iconlist


「午後おや日記」「ころんのつれづれ」等のご感想はこちらへ
おびお宛メールはこちら ころん宛メールはこちら
あなたのお手持ちのRSSリーダーにこのRSSアイコンを登録すると、日記の更新が逐一わかります。また、iTunes等に登録すれば、「つれづれ」の更新が一目瞭然!そのままダウンロードして聴けちゃいます。
このRSSアイコンをドラッグして登録するか、アイコンをマウスの右ボタンクリックで「ショートカットをコピー」してURLを登録するか、http://colon.c-studio.net/cgi/nikki.xmlを登録するかしてくださいね〜。

左カレンダーのマークの意味
マークをクリックした時の動作
・・・ハッピーころん
・・・ハッピーでないころん
・・・ハッピーおびお
・・・ハッピーでないおびお
右フレームに内容が表示されます。
・・・ころんのつれづれ
(声の日記)
右フレームに内容が表示されるので、その中の「こちら」をクリックすると、声の日記(MP3)のダウンロードが始まります。ダウンロードが終わったら、お手持ちのMP3再生ソフトでお楽しみくださいませ♪
「ころんのつれづれ」はバックナンバーのページからも聴くことが出来ますが、そっちは更新がのんびりです(汗)この日記から聴くと最新が聴ける可能性が大です。


....... 2011年03月03日 (Thu) .......

 ■今日読んだ雑誌 ナショナルジオグラフィック 2009年12月号
 112ページ。ハッザ族の記事はちょっと感動しました。

 ハッザ族はアフリカタンザニアで狩猟生活を営む集団で、今でも家は持たず、家畜は飼わず、農耕もせずに狩猟採取だけで生活している民族です。彼らの住んでいるのはアフリカの大地溝帯ですが、この大地溝帯では初期人類の最古級の化石が見つかっています。彼らの遺伝子を解析したところ、10万年以上も前にさかのぼる現生人類の最古の系統の血を引く可能性が示唆されています。

 最近では、南米で現代文明との接触を持ったことのない民族が暮らしているという情報がいろいろとはいっていますが、ハッザ族はそれらとは異なり、現代文明の存在はもちろん知っていますし、一部の集団は狩猟生活をやめて自分たちの仮の様子を観光客に見せて現金収入を得たりもしているそうです。けれど、そのような商業活動を行うのはハッザ族のごく一部で、多くは今でも狩猟生活を行っています。

 かれらは、先祖から伝わるある一定の地域を巡回しながら生活していますが、その生活は自然を一切破壊することなく、食べ物にも困らない生活を成り立たせています。ところが、自然を壊さないということは、外部の人間から見ると彼らの住む場所が未開の大地にみえるため、現在では次々に農耕・牧畜の勢力が侵入し、次第に狭い地域に追いやられているとか。タンザニア政府も彼らに教育を施して移住をさせる政策を進めているため、記者によるとおそらく、そう遠くないうちに狩猟生活を行うハッザ族はいなくなってしまうのではないだろうかとのこと。



No.(2727)